インナードライ肌の原因と対策&改善法

お問い合わせ:無添加化粧品アクアビューティーラボ|添加物に頼らない水の力でお肌に潤いを
Pocket

インナードライについて インナードライ肌の原因と対策&改善法

「乾燥肌なのに、なぜかテカって困っています」乾燥肌なのに、なぜテカる?乾燥してるのになぜテカる

「インナードライ肌の改善法を教えてください」 弊社の化粧品に切り替えるにあたって、お客さまに頂くお問い合わせで、案外 多いのがそんなご質問です。

つまり、乾燥でテカリがおさまらないから化粧品を替えてみようとか、インナ ードライ気味だから別の化粧品を使ってみようとか、そういったケースが多い って事ですよね?

そこで、このページでは、インナードライ肌の原因と対策、そして改善法についてお伝えしたいと思い ます。

そもそもインナードライ肌って、どんな肌?

インナードライ肌とは、特に夏場は肌表面は皮脂でテカテカなのに、 お肌の水分量が少なく、お肌の内側が乾いている状態のお肌の事。

インナードライとは、お肌の表面は大量の皮脂でテカテカしているのに、お肌の内側は水分量が少な く乾燥している状態の事を言います。

お肌の乾燥が進むと、お肌はこれ以上の水分蒸発を防ぐために大量の皮脂を分泌して、お肌に分厚 い油膜を張ろうとします。

すると、お肌の内側は乾燥しているのに、お肌の表面は大量の皮脂でテカテカ状態になります。

この状態のお肌が、インナードライ肌と呼ばれています。(→乾燥性脂性肌)

インナードライの対策法としては、原因が乾燥ですので、お肌をしっかりと保湿してあげる事。

お肌の保湿を続けてあげる事で、お肌の内側の乾燥も皮脂の過剰分泌も抑える事が出来ます。

お肌がテカテカになるので、何度も洗顔する事で対処しようとされる方が多いのですが、乾燥が進み 逆効果になりますのでご注意ください。

インナードライ肌とは

 

 

水分が不足しているということは、乾燥している ということなので、ターンオーバーが正常に行わ れず、シワ、ハリ不足、シミ、くすみ…様々な肌 トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

 

つまり、お肌の水分量が少ないために、これ以上の水分蒸発を防ぐために、お肌が一生懸命皮脂を分 泌している状態のお肌!

俗に言う、乾燥性脂性肌の事なんですね。 (→乾燥性脂性肌)

それじゃあ、インナードライの原因って?

インナードライの本当の原因って、お肌の乾燥なんですよね?インナードライの原因

でも、実際にインナードライ状態に陥ってお肌がでテカテカになってしまうと、 どうしても皮脂に目が行ってしまい、乾燥対策よりも皮脂対策に追われてしまいがちです。

その結果、「油紙で皮脂を拭き取る」「顔を良く洗う」 という対策をされる方が多いんですよね?

でも、皮脂を拭き取ったり、洗顔の洗浄力をアップする行為は、 どちらもお肌の乾燥をヒドくする行為! 完全に逆効果なんですよね?

正しいインナードライ対策&改善法のポイントって?

インナードライの対策や改善法を一言で言うと、 『皮脂対策をしないで、徹底した乾燥対策をする事』ですよね?

それぞれ、具体的に見て行くと、こんな感じになるでしょうか?

皮脂対策をしない!

油紙やティッシュなどで皮脂を拭き取らない!

皮脂を油紙やティッシュで拭き取る行為は、お肌からの水分蒸発を進行させるばかりか、 繰り返すと、摩擦や擦過でお肌を傷める事になり兼ねないので、おすすめ出来ません!

顔を良く洗ったり、洗顔回数を増やしたりしない!

顔を念入りに洗ったり、洗顔回数を増やすと、お肌の乾燥を促進してしまいます。

また、合成界面活性剤入りの洗顔料を使っている場合は特に、角質の保水機能を下げてしまう傾向が あります。

結果、さらに皮脂の分泌が増えてしまい、ますますインナードライがヒドくなるので、おすすめ出来 ません。

洗いすぎ、皮脂の拭き取り、強い洗顔料はNG

徹底した乾燥対策をする!

洗顔の際の水温を30〜35度のぬるま湯にする

洗顔時の水温が高すぎると、洗顔時にお肌の脂を抜き切ってしまいます。

これを繰り返してしまうと、お肌の保水機能を下げてしまいますので、おすすめ出来ません。

洗顔時の水温は、温水プール程度で少しヒヤッと感じるぐらいの30〜35度に設定すると良いで しょう。

高温のお湯は皮脂が根こそぎ剥がれる

洗顔料を洗浄力が弱く刺激が少ない物に変える

洗浄力が強い洗顔料は、刺激が強く、細胞間脂質などを刺激して、角質の保水機能を下げてしまいます。 強いクレンジング→優しいクレンジング→泡洗顔という感じに、強い物から優しい物へと切り替えて行 くと良いでしょう。

特に、合成界面活性剤であるクレンジングは、特に刺激が強く保水機能の著しい低下を招きます。

このため、ラボではメイクを落ちやすい物に切り替えて、洗顔の1回洗いでメイク落としと洗顔を済 ませる薄化粧、水性メイク等、落ちやすいメイクをおすすめしております。

強いクレンジング、肌に優しい洗顔料

メイクを落ちやすい物に切り替える

落ちにくいメイクを使っていると、洗浄力が強いクレンジングを使用しなければいけなくなったり、 洗い流す時にゴシゴシ擦る事になったり。

結局お肌を酷使して、お肌の保水力を下げてしまいます。

特にシリコン系の合成ポリマーを配合したメイクの場合、合成界面活性剤を使用した強いクレンジ ングを使用する事になってしまうので、さらにお肌の保水機能の低下を招いてしまいます。

角質に水分をたっぷり入れてあげる

インナードライ自体がお肌の水分不足のために皮脂過剰になっている状態ですから、角質にたっぷ り水分を送り込んであげなければなりません。

ラボの場合であれば、肌素水〜化粧水をたっぷり入れて、すかさずゲル美容液で保護膜を張りなが ら潤いをキープ!

という感じでしょうか?

トリプル保湿3点セット

ご自身の天然クリームの皮脂膜でしっかりフタ

皮脂の過剰は、水分の蒸発を防ごうとして起こっている訳ですから、ご自身の天然の皮脂膜でフタをしてしまえば、皮脂過剰は自然に収まります。

ブースターイオン水が「引き水」となって、化粧水とゲル美容液が角質の奥まで浸透し馴染んでし まえば“乾きにくい”角質が整えられます。

“乾きにくい角質”を保つ保湿ケアは“自活力を引き出し“乾かない肌”を育みます!

“トリプル保湿ケア”でしっかりと潤いを角質の内側に閉じ込めてあげられます。

精製水ベースの化粧水は水分が蒸発してしまう

洗顔からスキンケアまでの時間を縮める

上記7点の全てを実践しても、まだお肌に乾きを感じたり、皮脂過剰が収まらず、インナードライの 状態が続く場合は、洗顔からスキンケアまでの時間を縮めてあげてください!

なぜなら、洗顔や入浴をすると、お肌から水分の蒸発を防いでいる皮脂膜や脂質も一緒に洗い流して しまうので、スゴイ勢いでお肌から水分が抜け出てしまうからです。

ですので、入浴や洗顔の後に、間髪入れずにスキンケアを済ませてしまう事で、お肌からの水分の蒸 発を、少しでも防いであげましょう!

理想は、洗顔からトリプル保湿ケアを数分以内に終わらせる感じでしょうか?

スキンケア ステップ1,2,3

 

 

皮脂対策をやめて、徹底した乾燥対策を!インナー対策&改善を

インナードライ肌の原因は、お肌の乾燥!

対策&改善法のポイントは、皮脂対策をやめて、徹底した乾燥対策をする事! 具体的には・・・

◆皮脂対策をしない!

1.油紙やティッシュなどで皮脂を拭き取らない!(肌素水をティッシュに含ませて皮脂を抑え、天然   のクリームを形成)

2.顔を良く洗ったり、洗顔回数を増やしたりしない!

◆徹底した乾燥対策をする!

1.洗顔の際の水温を30〜35度のぬるま湯にする

2.洗顔料を洗浄力が弱く刺激が少ない物に変える

3.メイクを落ちやすい物に切り替える

4.角質に水分をたっぷり入れてあげる

5.従来の保湿クリームの油膜の役割を、ご自身の皮脂膜でしっかりフタに変える。

6.洗顔からスキンケアまでの時間を縮める

乾燥のもとは、生活習慣と環境・・

そもそも、夏に乾燥してしまう理由は、冷房の乾燥した空気や、紫外線のダメージ、間違ったスキン ケアなどの環境要因と、不規則な生活、ストレス、偏食など生活習慣にも要因があります。

暑さでバテやすい夏でも、規則正しい生活や運動はお肌のためにも重要です。

ケース1 お肌が極度のインナードライ状態になっている

1つめのケースが、お肌が極度のインナードライ状態になっているケース!

皮脂テカテカ、インナー状態になっている

特に油性のクリーム、乳液などをお使いになっていた場合、その期間が長ければ長いほど、お肌が傷ん でいたり、極度のインナードライに陥っているケースが多いようです。

お肌が極度のインナードライに陥っている場合には、 トリプル保湿のように角質に浸透するタイプの 基礎化粧品に切り替えた時に、オイリー肌の方などの場合ご自身の皮脂と馴染んで天然のクリームを 形成して、皮脂膜が潤いを逃さない役割をも担います。

2週間ほどしっかり保湿して頂くと、 お肌の内側が潤いバランスが整い、感覚が変わって来るかと思 います。

インナードライ肌にオススメなスキンケアアイテム

インナードライ肌には、保水性が高く浸透 力のあるトリプル保湿3点セットがおすす めです。トリプル保湿3点セット

気づいていますか?インナードライ肌の問題点一方で、アルコール成分の入った化粧品や 精製水ベースの化粧品は、肌の内側の水分 を蒸発させるため、控えた方が良いです。

また、保水した肌に蓋をするは逆効果です。

 

◉ブースターイオン水ベースの化粧水

不安定肌の角層内部の乾きにアプローチするブースターイオン水ベースの化粧水。

肌が本当に求めていた水の力に着目し水分をたっぷり蓄えて逃さないうるおいプールのような肌を 実現し、角層細胞レベルから、乾燥にも刺激にも揺らぎにも負けない、すこやかな美肌へ導きます。

素早く、たっぷりの水分を届けて、うるおいを貯める肌に。

無油分・無香料・無着色・界面活性剤不使用・パラベンフリー

◉美・エッセンスジェル美容液

角質層をしなやかに整え、透明感を引き出す高保湿ゲル。

乾燥してバリア機能が低下している角質層をみずみずしく整え、キメがふっくら整ったなめらか肌 に導きます。

角質層の機能をサポートし明るく輝く肌に導くゲル状美容液。

紫外線によってダメージを受けた肌をおだやかにケアします。

さらに、乾燥した肌に潤いを与え、 ふっくらと健やかな肌に導きます。

無香料・界面活性剤フリー・アルコールフリー・パラベンフリー

インナードライ肌から脱出できれば10秒で化粧ノリUP!

化粧崩れ防止にも!!

チェック3点

化粧崩れを防ぐためには、朝の保湿対策と、日中の皮脂・汗対策が大切です。特に朝が要ですので、 なかなか時間がとれないかとは思いますが、5分だけ早起きをしてメイクの時間を作るよう、意識し てみてください。

最近、日本の夏は亜熱帯並みに厚く、湿気も強くなりました。肌素水、還元水を「ちょい足し」

イオンミスト(肌素水)のちょい足し活用法でジメジメ夏場でもくずれ にくいファンデもBBクリームも薄付きでピタッと密着。

「絶対くずれません!」と宣言したいところですが、さすがにこの気候 では、まったくくずれないというのは難しいもの。

そこで、ご使用中のリピーターさんが選んだイオンミスト(肌素水)の使い方ベストをご紹介します。

一.忙しい朝にピッタリ!化粧ノリをアップさせる方法

二.簡単メイク直し!60秒

●化粧の下地を付ける前や朝のスキンケア前にイオンミスト(肌素水)を数回プッシュ、肌に染み込 ませてから化粧を開始。

とっても浸透がよくお化粧ノリがよくなり、肌とファンデの馴じみ、延びがよくなり肌に密着します。

また、パウダリーや固形ファンデを塗る時、スポンジにスプレーして「ちょい足し」肌に密着度が高 まり化粧くずれしにくくなり、お粉がピタッと密着します。

メイクが肌にすーっと馴染むんです。

伸びの悪いファンデ―ションもミストをふりかけると伸びが良くなったり、化粧直し、と多用途で活 躍できるミストを活用ください。

Pocket

お問い合わせ:無添加化粧品アクアビューティーラボ|添加物に頼らない水の力でお肌に潤いを