歯磨き粉に代わる歯みがきジェル|歯磨きのこと見なおしてみませんか|アクアクリン ホワイティ

歯磨きのこと、見なおしてみませんか|アクアクリンホワイティ
お問い合わせ:無添加化粧品アクアビューティーラボ|添加物に頼らない水の力でお肌に潤いを
Pocket

購入する

歯の7大トラブルにアプローチ

white
1 虫歯を防止
2 歯を白くする
3 口中浄化
4 口臭を防ぐ
5 歯垢除去
6 歯のヤニを取る
7 歯石の沈着を防ぐ

アクアクリンホワイティは7つの作用を1つにした、オーラルケアタイプのハミガキ剤です。

あなたは研磨剤の入った歯磨きを使っていませんか?

研磨剤がつけたエナメル質の表面の傷は細菌のすみかの温床です。それは臭いの原因にも・・・。

アクアクリンホワイティは気になる口臭の原因を解決します。
・ 傷をつけずに口中を浄化。
・ 気になる口臭を防止。
・ ペパーミントの香りがさわやか爽快。
デリケートで複雑なお口の悩み、歯の7大トラブルをこれ一本でオーラルケア。ご家族で快適に使えるさわやかな天然清涼剤の香りで息までさわやかに。

※歯磨きは無色透明のジェルです。ジェルは柔らかく、液ダレしやすいので歯ブラシを横にしてジェルをのせてご使用ください。

口腔に優しい歯磨きジェルで口中を浄化し、お口をケア

口臭の80%以上は、口腔内に原因あり

口臭の原因の殆どは歯槽膿漏などの歯周病や虫歯、食事の食べかす、歯垢、歯石、舌苔(ぜったい)などの口腔内の感染によるものとされています。この有害な細菌が口臭を引き起こしています。

口内の乾燥によって口内環境は悪化し、嫌気性細菌が活発化し、酵素によって分解された汚れが、臭気物質をつくります。食べカス、新陳代謝で剥離した細胞、血液成分、死滅した細菌のタンパク質などで不潔な状態の口内では、嫌気性細菌に含まれる酵素がエネルギーを得る為に汚れを分解しようとします。つまりは口臭はお口のSOSなのです。

しかもこの有害な細菌は、口内のいたる所に頑固にへばりつき通常の歯磨剤では落としきれません。口中浄化効果のある「アクアクリン・ホワイティー」の歯磨きジェルをお使いいただいて口内全体を浄化し、口臭を原因から対処することができす。

そして、歯の汚れは歯の表面だけでなく、目の届きづらい裏側も・・・。ステイン(着色汚れ)は少しずつ知らない間にも沈着し、歯磨きの回数を多くするだけではいいというわけでなく、汚れを削る研磨剤で歯の表面まで傷つけ、その凹凸に逆に汚れが着きやすくなっていたり、泡立ちだけで満足して、磨いた気になってしまっていたのが従来の歯磨き剤です。

口臭の三大原因

口臭の三大原因は何か知っていますか?
口臭の三大原因・・・それは生理的原因による口臭、口腔や内臓の病気による口臭、食べ物などによる口臭です。
そこで皆様の口内健康のために、全く新しい「歯磨きジェル」を提案します。
口臭の原因となる物質は数多くわかっていますが、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドの3種の揮発性硫黄化合物が最大のものと言われています。これらの硫黄化合物は、口腔内の臭いー種々の細菌の代謝産物として口腔内に存在しています。

細菌は、ほとんどが嫌気(けんき)性菌(酸素がある場所では増殖しにくい性質)と通性嫌気性菌(酸素があっても無くても増殖できる性質)ですから、虫歯の穴の中や歯周ポケット、厚い舌苔(ぜったい)の中に潜んでいます。特にこの分解酵素を多く持つ細菌は歯周病菌に多く、歯周病が増すと口臭が強くなるのにはこういった原因があるのです。臭いー2

・メチルメルカプタン(タマネギが腐敗したような悪臭) ・硫化水素(卵の腐ったような刺激臭) ・ジメチルサルファイド(磯臭い腐敗臭)

こうやってみるとかなりの嫌な悪臭です。最終的には、この原因物質を取り除くことが大切なんですが、この原因物質、ただ歯を磨くだけでは中々取り除くことができません。磨き残しや、歯周ポケットなど歯ブラシが届かない場所に残っています。

では、どうやって口臭をとればいいのか?

もちろん、歯ブラシを使ったり、フロス(糸ようじ)、歯間ブラシなどを使って丁寧に落とすことは言う迄もありませんが、実は驚くほど汚れがとれるクレンジングが出来上がりました。

製品名「アクアクリン・ホワイティー」と言います。
このお口の汚れを落とす「アクアクリン・ホワイティー」は合成界面活性剤不使用、パラベン不使用と、お肌が弱い方が苦手とする成分は一切含んでおりません。マイナスイオン水をベースにお作りしました(これは画期的なことなのです)ので、安心してご使用いただけます。

一般的な歯磨きは研磨剤で汚れを削り落とす際に、歯の表面をも傷つけてしまい、逆に汚れが付着しやすくなり、知らない間に汚れが沈着してしまいます。
大量の泡で磨いた気になっていただけという事も、また、漂白剤入りの歯磨きも刺激が強く、歯や歯茎を傷め、知覚過敏の原因と言われています。

特に、磨き残しの原因となる発泡剤も使用していません。お口の皮膚粘膜をやさしく守りながら、しっかりとオーラルケアができます。
※発泡剤(界面活性剤) とは使用感をよくする目的で配合する、泡を立てやすくするための成分。お口の中の粘膜を弱らせ、トラブルが発生しやすくなります。また、泡が磨いた気分にさせてしまい、磨き残しを招く元となるので、「アクアクリン・ホワイティー」には発泡剤はあえて使用していません。
一般的な歯磨きは、研磨剤で汚れを削り落とす際に、歯の表面も傷つけてしまいがちで、逆に汚れがつきやすくなったり、大量の泡は発生する発泡剤とスーッとする香料で磨いた気になっていただけというのが従来の歯磨きです。
歯を磨いた直後にお茶を飲んだり、食事も味覚が変わりません。

「クサイ」の原因をごっそり落とす

マイナスイオン水を歯磨きに応用
虫歯や口臭、そして歯が抜け落ちてしまうまでに進行する主な原因が”歯垢” であることは周知の通り。が、それが単なる食べカスではなく、そこに繁殖した各種の細菌のかたまりとなって付着した雑菌の塊であることをご存知でしたか?

むし歯の原因となる歯垢というのは、むし歯の第一の原因は唾液の成分から薄い透明な膜がつくられ歯の表面をおおい、ここに各種の細菌が付着し、さらに小さな食べカスなどが混じり合って歯垢となります。歯にこびりついたあのネバネバ、歯面に粘着した細菌の集団で、砂糖を好んで食べ、デキストランというネバネバして、水に溶けにくい物質を作り出して、歯の表面に強力に付着します。食べカスなど、糖質を養分に、絶えず繁殖を続け、有害な毒素を排出する。ここに、歯を溶かす酸をつくるばい菌がすみついてできたのが、歯垢です。いわば歯垢は、『ばい菌の固まり』です。菌がネバネバの粘液でつながり、普通の歯磨きでゴシゴシ磨くだけではなかなかとれません。
そこで着目し開発されたのが、マイナスイオン水をベースにして作られた「歯の美容液」。問題の歯の研磨剤無添加の「アクアクリン・ホワイティー」は歯が摩滅するなどと指摘されている研磨剤は必要ありません。
口臭や歯槽膿漏やムシ歯の原因となる”歯垢” をマイナスイオン水の働きで効果的に除去、予防でき、口臭のない健康な歯を維持できる「アクアクリン・ホワイティー」が大きな関心を集めています。

歯磨きスースー派?

マイナスイオンの力で軽くブラッシングするだけで歯垢が落ちる

マイナスイオンが豊富なお水が主原料です(肌素水ミストで使用しているお水を歯みがき用にジェル化しています)。
ジェルを歯ブラシに付けると、毛先が(-)に帯電します。また、マイナスイオン水と頑固に付着した歯垢はタンパク質系なので(+)に荷電しており、H+イオンを帯びた「歯垢」を(OH-)のマイナスイオン水で電子的に分子間引力で異極は引き合い吸引力が働く原理で(OH-)のマイナスイオン水に吸着させ、(OH-)のマイナスイオン水に引っ張られ磁石のように電子的に引き合い、歯芽から分離しようとする歯垢をブラシでブラッシングするので非常に効果的に歯垢がごっそり掻き取るように除去されます。歯に付着している歯垢は、(+)に帯電しているので、(-)に引き寄せられて、歯から離れやすくなります。
そして、ブラッシングを繰り返すうちに、歯垢が効果的に除去されていきます。キレイサッパリの後は、お口の中がマイナスイオンで充満して気持ちが良いです。

キレイになるのは、歯だけではありません!

ご存知でしたか?
食後の食べカスの90%は、歯ではなくて歯茎周辺に付着していることを。

歯をしっかり磨いても、歯茎に汚れが残っていると虫歯菌や歯周病菌の「おいしい環境」になってしまいます。アクアクリン ホワイティーがあれば、軽いブラッシングでも汚れを落とせます。刺激や負担が少ないので、歯茎がデリケートな方のケアにも最適です。テレビを見ながら、お風呂に入りながら。時間をかけて、ゆっくり歯磨きしてください。

歯垢、イオン水、口臭、研磨剤無添加原理はマイナスイオン水と頑固に付着した歯垢はタンパク質系なので(+)に荷電しており、H+イオンを帯びた「歯垢」を(OH-)のマイナスイオン水で電子的に分子間引力で異極は引き合い吸引力が働く原理で(OH-)のマイナスイオン水に吸着させ、(OH-)のマイナスイオン水に引っ張られ磁石のように電子的に引き合い、歯芽から分離しようとする歯垢をブラシでブラッシングするので非常に効果的に歯垢がごっそり掻き取るように除去されます。
物理的に取れにくい歯間の歯垢はフロス(糸ようじ)、歯間ブラシの併用が効果的です。
「歯の美容液」は磨きにくい部分の歯垢さえ軽いブラッシングで落とせるほか、歯垢の底(付着面)から剥がせるので磨いた後のツルツル感が断然違います。
3、4日も使うとステインが取れてくるため歯の表面がツルツルし、光沢を帯びてくるのが実感できます。歯磨き剤を嫌がる子供や研磨剤や界面活性剤(発泡剤)
が心配な方、口が荒れている方にも好適です。

1. 歯の美容液のマイナスイオン水が歯垢中の水素イオンを奪い取り分子歯ピカ間引力で歯垢を不安定にしてブラシで掻きとるように除去されます。
2. 結果、歯垢を取りやすくし、ブラッシング効果を高め、健康な歯を実現します。
小さなお子様から大人まで安心して長~くご使用頂けます。

自然派のあなたのために、さらに成分にこだわりました

◆水
マイナスイオン豊富な水が主原料です。マイナスイオン水をジェル化した歯みがき剤です。

◆キシリトール
白樺の木の樹液の糖アルコールの一種です。多くの歯磨き剤に使用されています。

◆チャ葉エキス
茶カテキンやカフェイン、タンニン、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸などを含み、消臭効果、抗炎症作用、デオドラント効果などがあります。

◆スイカズラ花エキス
スイカズラの花や葉、茎から抽出して作られたエキスで、フラボノイドのルテオリン、イノシトール、タンニン、サポニンなどの成分を含んでいます。

◆クマザサエキス
昔から、クマ笹は米やもちを包む為に使われていた程、天然の防腐・消臭作用が知られています。制菌作用・消臭作用に優れ、口臭の原因を抑制して息を爽快にします。

◆レウコノストック/ダイコン根発酵液
防腐性の高さに期待が持てるとても安全性が高く、低刺激な天然植物成分による防腐剤です。

白く美しい歯に

研磨剤不使用

今までの歯を白くする研磨剤は、研磨剤で汚れをかき落として歯を白くするのが主流でした。しかし、粒子の粗い研磨剤は歯の表面のエナメル質を傷だらけにしてしまうばかりか、その傷に汚れが入り込みますます汚れがひどくなるという悪循環に陥るのです。
「アクアクリン ホワイティー」は研磨剤ではなくイオンの力で汚れを落としますので歯に傷をつけることはありません。さらには、汚れを落として白くするだけでなくブラッシングを繰り返すうちに、歯垢が効果的に除去されていきます。

成分詳細
購入する

 

商品一覧へ

Pocket

お問い合わせ:無添加化粧品アクアビューティーラボ|添加物に頼らない水の力でお肌に潤いを